ブログパーツUL5

第3章デジタル設計 3.VHDLの記述

 LSIの設計はVerilogで行うことがおおいのですが、装置やセットの設計者はVHDLで記述することが多くあります。そのコアを流用する場合にはVerilogとVHDLと混在させることもあるので、VHDLも記述できることが求められます。また、装置やセットの設計者はVHDLで記述してFPGAで機能を確認してからlSIにすることもあります。
VHDL記述
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>