ブログパーツUL5

電子書籍のリアルなページ

 電子書籍のページを指でパラパラしたり、ひとつのページを押さえながら別のページをさっと探したりできる。まるで紙の本のように電子書籍のページを自在にめくるができる素晴らしいデザインの電子書籍アプリがあるらしい。
 米Apple社のドキュメントにはないプライベートなAPIが利用されているので、『App Store』にお目見えする可能性は低いが、現在、手にできる電子書籍のアプリの完成度が低く、まだ今後も改良すべき点があるということになる。実際の紙の書籍のページを操作することを考えれば、親指でパラパラしたり、ランダムに開いたり、ページの間に指を挟んで複数のページにまとめて印をつけて、さっと探したりといったこともできる。

 さらに、東芝からBookPlaceという電子書籍専用端末が発表になりましたが、操作性までの詳細は分かりません。しかし、操作性とは別に、読むのが疲れたら音読もしてもらえる機能があるので、両手がふさがっていても読めるし、目が見えなくても点字でなく音読で読書できるので便利なのかもしれない。


0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>